ふるさと納税(寄付)をおこないました 宮崎県都城市 宮崎県産鶏チキン南蛮2.8kgセット 15,000円

ふるさと納税(寄付)を利用して、所得税と住民税からの控除を受けたいと思い、初めてふるさと納税をおこないました。

今回のふるさと納税(寄付)は、楽天市場で「ふるさと納税」で検索して、宮崎県都城市の宮崎県産鶏チキン南蛮2.8kgセット 15,000円を選択しました。(宮崎県都城市は出身地、居住地ではありません。)

納税先の使い途として複数の選択肢があり、子育て支援を選びました。

既に宮崎県都城市から寄付受納証を受け取っています。来年、確定申告する予定があるので、その時に添付します。(今回、ワンストップ特例制度は未利用です)

一個人としての行動に注目すると、宮崎県都城市にふるさと納税(寄付)を行う選択をしたことで、都城市の税収はその分増え、またチキン南蛮に関わる地域を応援することになります。

ー方で居住地にふるさと納税(寄付)を行わなかった事で、居住地の自治体は税収が減ることが考えられます。

居住地の自治体・地域を応援したい場合、居住地にふるさと納税を行う事が選択肢の一つになると思います。

来年は、好みが合えば居住地の自治体と他の自治体にふるさと納税(寄付)予定です。

[ふるさと納税 シミュレーション]

最初にふるさと納税(寄付)の金額と控除額の関連がわからなかったので、ふるさとチョイスのシミュレーションを利用しました。

https://www.furusato-tax.jp/about/simulation

画面に表示される項目に入力した結果、私の場合は控除上限額(目安)は16,959円でした。

ふるさとチョイス シミュレーション結果
控除限度額(目安)

続いて、税の控除額は、自治体に15,000円寄付した場合でシミュレーションすると、所得税が700円、住民税12,500円で合計13,200円です。

ふるさとチョイス シミュレーション結果
税の控除額

自己負担額2,000円を差し引くと

15,000円(寄付)-2,000円(自己負担額)=13,000円(所得税と住民税控除合計)となり、シミュレーションとほぼ一致します。

総務省のふるさと納税に関連する内容を参考にして、シミュレーションをふまえると、

①所得税からの控除は、ふるさと納税を行った年の所得税から控除、

→今年の所得税から 700円前後 控除 

②住民税からの控除は、ふるさと納税を行った翌年度の住民税から控除と記載されています。

→来年度の住民税から 12,500円前後 控除となりそうです。

総務省 ふるさと納税 控除額の計算
(画面の一部を切り取り掲載)

今回、楽天市場を通してふるさと納税(寄付)を行いましたが、他にもシミュレーションが便利なふるさとチョイスをはじめ、さとふる等の複数のホームページに掲載されており、気に入ったところを利用できます。

はじめてふるさと納税を行ったので、記事にしました。宮崎県産鶏チキン南蛮が届くのを楽しみにしています。(12月に受け取り予定です)

よろしければ、応援クリックお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング
tsumitate23
  • tsumitate23
  • 2018年4月から楽天証券で口座を開設して投資をはじめました。2018年10月からiDeCo(個人型確定拠出年金)開始、米国株購入開始、2019年1月からつみたてNISAを運用しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です